手縫いへのこだわり

現在、機械で作る畳が主流の中、それは誰が作っても同じ畳に仕上がる。
しかし手縫いの畳は、職人がひと針ひと針畳と向き合い、最も良い具合に仕上げていく。
そこには職人の個性や想いがあらわれて、世界に1つだけの畳となる。
それが手縫いの畳の良さへとつながっている。
職人のこの細やかな気配りは、手作りだからこそ表現できる。
これが日本に古来より伝わる文化であり、その伝統がなくなりつつある今、手で作ることの意義を私は後世に伝えていきたい。

お問い合わせ

手縫へのこだわりと日本の伝統文化の継承と再生
伊藤菊次郎畳店

〒270-1102 千葉県我孫子市都8-8
TEL&FAX:04-7189-3022
mail: ito1100@guitar.ocn.ne.jp